Profile

テレビアニメ制作会社の作画監督を経て、アニメーターとしてORATTAに入社。 自身が携わった初のゲームアプリ『戦国アスカZERO』はiOS、Androidセールスランキング50位に入賞するなどスマッシュヒットを記録。 そのアニメーション品質も高い評価を受けている。 現在はチーフアニメーターとして、社内の様々なプロジェクトにクリエイティブ面から関わっている。

自分の経験を、もっと自由に活かす

前職はアニメの制作会社で、作画監督をしていました。テレビアニメの膨大な量の作画を、全体管理する仕事ですね。 会社の代表作品に携わったり、ハードな現場を乗り越えたり、いろんな経験ができた。 そういった経験をもっと自由に活かしたくて、まだ成長途中だったORATTAに入社しました。

入社時はアニメーターとして、ゲーム内の演出をつくる業務に就きました。 とは言っても、ゲーム用のアニメーションツールを使うのは初めてだったので、最初は手探り状態でしたね。 今は、自分でアニメーション制作するだけじゃなくて、新作の方向性についてエンジニアと議論したり、 前職のようなアニメ制作会社と共同制作したり…社内のいろんなプロジェクトに関わることが多くなりました。


自分がつくったものが、そのまま届く

ORATTAは、アニメーションやデザインの大部分を社内で制作しています。 だから、自分がつくったものが、自分たちのアプリにそのまま反映される。 このときの達成感が、とにかくすごいなと感じています。

ルーティン作業は、ほとんどないですね。 新しいことをどんどんやって、ユーザさんをあっと驚かせたい。 自分の中で面白いなと思ったものが、ユーザさんに受け入れられた、と感じられた時は、すごく嬉しいですね。


自分だけの個性を見出す

誰にもできない事って何だろう、と常に考えるようにしています。 他の人と一緒だと、どうにも面白くないなと思うので。

だから同じように、自分だけの個性とか、こだわりとかを見出そうとしている人と一緒に働きたいですね。 そういう人たちがいるチームで、お互いに刺激しあいながら、ゲームを作っていきたいなと思います。