Profile

多摩美術大学を経て、デザイナーとしてORATTAに新卒入社。入社当時、新規プロジェクトだった『BLEACH 卍解バトル』のSDキャラクターデザインを担当。本作がリリース後、メインデザイナーに抜擢。現在は、キャラクターデザインのみならず、UIデザインなど、アプリ全体のクリエイティブを担当している。

はやく会社に入りたいなぁ、って思ってました(笑)

「絵の仕事がしたいな」という気持ちは、小さい頃からずっとありました。大学の授業も楽しかったですね。 でも、絵以外にも、造形とか写真とか、すごく幅広くて。

当時、フリーデザイナーとしてキャラデザインの仕事を受けてもいたんですけど、正直そっちの方が楽しくて(笑) はやく実践で学びたいなぁ、もっと絵を突きつめたいなぁって思ってました。

ゲーム会社のデザイナー職で数社を受けた中で、ORATTAに決めました。会社の雰囲気が、何だか楽しそうだったので。 いろいろ大変なことはありますけど、何だかんだで、やっぱり楽しいですね(笑)


仕事の中身は自分次第。

ユーザさんからいい反応をいただけると、嬉しいですね。自分のつくったもの、考えたものだと特に。

今はアプリのクリエイティブ部分をすべて自分が担当しているので、自分次第で、色んなデザインに取り組むことができています。

いつものUIにちょっとした変化を入れてみたり、ディレクターと相談して新しい企画をつくったり。

私は飽きっぽいところがあるので、自分には合ってると思います(笑)


細部に心を配る。

版権をお借りしたゲームの場合、「世界観を崩さないようにすること」と「新しいものをつくる」ことをうまく両立させないといけないです。

だから、みんなの目が行き届かないような細かいところまで、意識していきたい。

細かい話って面倒だと思うんですけど、それをうやむやにせずに「ちゃんとやろう」って言う人は、すごいなぁ、一緒に働いてみたいなぁ、って思います。