Profile

多摩美術大学を経て、デザイナーとしてORATTAに新卒入社。入社当時、新規プロジェクトだった『BLEACH 卍解バトル』のSDキャラクターデザインを担当。本作がリリース後、メインデザイナーに抜擢。現在は、キャラクターデザインのみならず、UIデザインなど、アプリ全体のクリエイティブを担当している。

はやく会社に入りたいなぁ、って思ってました(笑)

「絵の仕事がしたいな」という気持ちは、小さい頃からずっとありました。大学の授業も楽しかったですね。 でも、絵以外にも、造形とか写真とか、すごく幅広くて。

当時、フリーデザイナーとしてキャラデザインの仕事を受けてもいたんですけど、正直そっちの方が楽しくて(笑) はやく実践で学びたいなぁ、もっと絵を突きつめたいなぁって思ってました。

ゲーム会社のデザイナー職で数社を受けた中で、ORATTAに決めました。会社の雰囲気が、何だか楽しそうだったので。 いろいろ大変なことはありますけど、何だかんだで、やっぱり楽しいですね(笑)


デザイナーの枠を超える

今は「BLEACH 卍解バトル」のメインデザイナーとしてUI設計、キャラクターデザイン、SDキャラクター制作などを行っています。 立ち上げから携わったタイトルなので、思い入れもありますね。

ORATTAでは、デザイナーはただデザインをするだけではなく、企画に主体的に関わっていくことが求められます。 例えば「1つの依頼に対して、3つの案を出す」といったような、デザイナーとしての主体性ももちろん必要ですが、 まだ企画が固まっていない段階から、ディレクターの議論に加わって意見を出していくような行動も求められます。 ほぼ企画者ですよね。今のうちのチームは、特にその傾向が強いですね。

入社した直後は「え、これもデザイナーの仕事なの?」と思うことがよくありましたね(笑) それに、最初は「経験もない私に、何が言えるんだろう」と思うこともありました。でも今は楽しんでいます。 自分からものをつくっていく感覚って言うんでしょうか。 視野が広がりましたし、私自身もともと企画に関わっていきたいって思っていたんですよね。

ORATTAのデザイナーって、ひとりひとりが「デザインに関することを、いろいろできる人」なんですよ。 イラストもUIもできるし、いろんなツールを使えるし、企画の話もできるし、進捗管理もできる。 私は、これはすごいことだなって思ってます。 その人さえいれば、一つのアプリの運営は何とかなる、そういう人がたくさんいるっていう環境は、すごいと思います。

もちろん社内にも、UIとか、専門分野に特化してスキルを伸ばしているデザイナーはいます。 むしろ、最初から色々できる人なんていませんよね。 私も、イラレ(※Illustrator)は入社してから身につけました。 うちのデザイナーもみんな、仕事を通じて、いろんなことが出来るようになっていったんじゃないかな。


作品にもっと深く携わりたい

Live2Dとか3Dとか、まだやったことが無いツールには、これからチャレンジしたいなと思ってますね。 でも、一番やりたいのは、企画かな。 今の仕事もそうなんですが、あんまり職種に拘らずに、ゲームづくりに関わっていきたいと思っています。

具体的には、世界観づくりをやりたいですね。 コンセプトアートを描くってことじゃなくて、そのコンセプトを考える最初のところから、深く携わりたいなと思ってます。

とにかくやりたい事がたくさんあるんですけど、待ってても勿体ないので、自分からどんどん動いていきたいですね。