Profile

大学卒業後、大手ゲーム会社に入社し、複数のゲームの企画、運営に従事。その後スタートアップ企業にてゲーム事業の立ち上げを担当した。 2014年、ORATTAにジョイン。「BLEACH 卍解バトル」のサービス立ち上げ・運営を担当し、社内外で幅広く活躍。 現在は、アプリ全体の統括者として複数のプラットフォームとの関係構築を行いつつ、 Cocos2d-JSやVR事業などの新規事業にも精力的に取り組むなど、マルチプレイヤーとして中枢を担っている。

なにかに縛られることはない。選択肢をフルに使える。

ORATTAよりも大きな会社にいた期間が長いんですが、正直飽きてしまって(笑)。 安定はしているし、大きなことに関わらせてはもらえるんですが、やはり意見が通りにくいんですよね。 どうしても「やらされている感」が拭えなかった。もっと主体的に動きたい、色んな体験がしたいと思って転職を決意しました。

ゲームの企画職として入社しましたが、今はアプリ運営から離れてビジネス構築に携わっています。 タイトルのプラットフォーム展開や契約まわり、ORATTAのゲームをより多くの人に楽しんでもらうための営業活動に近い感じです。 何かをやろうとした時に、担当業務や手段に縛られることなく、いろんな選択肢を持って考えることができます。


考えたことが現実になる。そんな面白いことってない。

今は、R&Dを目的とした新規事業にも携わっています。 Cocos2d-JSでよりスピーディなアプリ開発方法にチャレンジしたり、VR技術を使ったプロダクト作りをしてみたり、とかですね。 この夏は、VR体験イベントの立ち上げと運営を、ゼロから行いました。

いわゆる「ド新規」事業ですので、よく分からないことも多いし、不安も多いです。 でも、自分の頭の中で考えたことを具体化して提案すれば、現実に実行できてしまう…そんな面白いことないですよね。 不安よりも、その面白さがいつも勝ってしまいます(笑)。


主体性とコミュニケーションに重きを置いた採用

ORATTAでは、自分で物事の本質を見極めて、それを行動に移せる人物が実績を残しています。 未経験者も活躍できる環境ではありますが、それには積極性や主体性が不可欠です。 受け身の人、指示をこなすタイプの人は逆に苦労してしまうかも知れません。

また、ディレクターは企画力よりもコミュニケーション能力を重視した採用を行っています。 このフェーズでは珍しいくらい仲間意識が強い会社なので、チームで何かをなしとげたい人、周りをうまくモチベイトしてくれる人がいいですね。

経営層との距離が近く、メンバーがやりたいことを後押しする風土はあります。 ただ自分がやりたいことを言う、ではなく、「チームとして会社として、今やるべきことはなにか」っていう視点が持てていれば、 会社も応援してくれると思います。あとは、やり遂げるっていう自分の覚悟次第ですね。