Profile

大学卒業後、ゲーム会社にシナリオライターとして入社。恋愛ゲーム市場で複数のヒットタイトルのシナリオを担当。 その後、ライター兼ディレクターとしてORATTAに入社。 持ち前の対応力を活かし、『戦国アスカZERO』や『クロリス・ガーデン』など、多彩なジャンルのタイトルのシナリオを担当している。

違いがあっても、それを楽しむ

もともとは女性向け恋愛ゲームの会社で、シナリオを担当してました。

乙女ゲーの経験しかなかったので、採用の時は上長や社長にも、少し不安があったみたいで、入社直後は、軽めの仕事が多かったですね。

その後、徐々に重たい仕事を任せてもらえるようになってきたので、ある程度はシナリオ面で信頼してもらえたのかなー、と思ってます。

男性向けと女性向けの違いは、思っていたよりも多かったですね。でも、その違いを学んでいくのも、楽しんでますね。


「らしさ」を感じてもらう

戦国アスカZEROでは、単に史実をもじるだけではなくて、そこに「アスカZEROらしさ」を感じてもらう必要があります。そこが難しいんですが、やりがいがあります!

まだまだサービスが成長過程なので、どんどん新しい仕事が追加されていくのも楽しみですね。例えば、有名作品とのコラボだったり、SNSをシナリオと連携させてみたり。

あとは…、うちのアプリはどれも、キャラが濃いので、執筆自体が楽しいですね。


最善の案を、最短で返す

シナリオという職種で言うと、「文章が好きで、色々と書いてきた」というのが前提ですけど、経験豊富でかつ柔軟性のある人がいいですね。

全職種横断で言うと…、「歴史に残るサービスを作りたい」という社名の由来にあるように、社長が「こうしたい!」と言いだすことが多いので(笑)

それを受け止めて、今できる最善の案を、最短で打ち返せるような人が、どの職種も向いていると思います。